サイト内検索

本当は怖い日本の怨霊 怨霊鎮魂編

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

疫病や天災などの災いは、「誰々の霊が行っているに違いない」と考えられていた。つまり、人の心の闇が作り出した後ろめたさ、不公正な判断をした罪の意識から怨霊は生まれたのだ!本書はうらみを残して非業の死を遂げた人とその鎮魂をたどることで、日本人が怨霊鎮魂に込めた思いを明らかにする。※本書は紙書籍『本当は怖い日本の怨霊』(イースト・プレス)を電子書籍版として分冊したものです。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/27 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
128ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
46.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家