サイト内検索

  • pt還元

ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影

作家/出演者
シリーズ
  • ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影
ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」は、これまでの技術とは比較にならないほど正確かつ自在にDNAを操作することが可能となった。
農業、畜産など様々な分野での利用が期待されているが、とりわけ注目すべきは医療分野だ。
ゲノム編集が「ヒトの受精卵」の遺伝子改変に利用されるという、かつてない状況のなかで、われわれは「生命」「家族」をどう捉えるべきか。
本書ではゲノム編集の可能性と課題を浮き彫りにする。
SALE 9月1日(金) 12:00まで
50%ポイント還元中!
価格
702円
[参考価格] 紙書籍864円
読める期間
無期限
電子書籍/PCソフトポイント
325pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/13 00:00
紙書籍販売日
2017/01/06
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.15MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家