サイト内検索

台湾人が警鐘を鳴らす‘病的国家’中国の危うさ

作家/出演者
シリーズ
  • 台湾人が警鐘を鳴らす‘病的国家’中国の危うさ
「中国は謀略をもって、経済・文化・資源・政治・メディアなど多面的にジワジワと
日本と台湾に侵出しているのを台湾国民の多くが気づいている。
一方、日本国民の大半はその迫りくる危機に気づいていないのが実情なのだ」(本文より)。

前著『台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち?』において、
中立的な目線で日韓を7つの分野から徹底比較して大きな話題を呼んだ李 久惟(リ・ジョーウェイ)氏。

15ヶ国語以上を操り、世界中を飛び回り、さまざまな分野で語学講師・セミナー講師として活躍するなど、
積極的に国際交流や言論活動を行ってきた台湾人著者が、
本書では経済、政治、軍事、領土、資源、社会、文化・思想・宗教、歴史、メディア・言論、教育など、
さまざまな分野から、中国の真の姿と狙いをより浮かび上がらせていく。
価格
756円
[参考価格] 紙書籍994円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/07/11 00:00
紙書籍販売日
2016/03/08
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.18MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家