サイト内検索

  • pt還元

娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。

作家/出演者
シリーズ
  • 娘に英語で話し続けたら、2歳で英語がペラペラになった。
英語を読めたり、書くことはできる。でも「話せない」のはなぜ?
英語を「母国語」と考える、新しい学び方。
子どものように学べば、実は英語は簡単だった!
ここに、日本人が苦手な英語を克服する秘密がある!!

英語を子どもに身につけさせたい親はもちろん、
すべての英語学習者へ。常識をくつがえす画期的な勉強法!!

----------------------------------------

父も妻も日本人。父は娘が生まれたとき「英語だけで話しかける」と決めた。
そして父が英語で話し続けたら、娘がネイティブのように話し始めた。
父は留学経験もなく、独学で英語を学んだだけ。母は日本語しか話せない。
それなのに、娘は日本語も英語もペラペラに、一体どうして?

娘のそんな様子を見ながら、父は「母国語」習得の謎を解き明かしていく!
大人こそ役に立つ、母国語習得の秘訣である画期的なリスニング法、
そして、子どもに英語を教えたい人への実践法が盛りだくさん。

【内容紹介】
1章 「母国語」として学べば、英語はもっと楽しい
2章 母国語の秘密は、リスニングにあり!
3章 大人が母国語英語を学ぶ方法1(スピーキング/発音)
4章 大人が母国語英語を学ぶ方法2(リーディング/文法)
5章 子どもに「母国語」英語を教える方法
6章 2歳で英語を話しはじめた、娘の英会話日記
子どもに英語を教えるときのQ&A
2歳半ごろまでに親が本当によく使う英会話
娘がよく使っていた英会話リスト(3歳まで)
私が娘に使っていた英語(娘が3歳まで)


【著者情報】
沼畑直樹(父) numahata naoki

コンテンツ制作会社「テーブルマガジンズ」代表。クリエイティブディレクター。海外文化を紹介する雑誌の編集や取材を通し、独学で英語を身につける。ライフスタイルはミニマリストで、執筆、講演多数。娘が生まれたのをきっかけに、「娘には英語だけで話しかける」と決める。著作に『最小限主義。』、旅ガイド『スロウリィクロアチア』など。ブログは『ミニマル&イズム』。撮影を担当した写真集に『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)

www.tablemagazines.com
minimalism.jp
Twitter&Instagram(@remyork)

沼畑詠(娘) numahata ei
2013年4月、日本人の父と母の間に生まれる。名前の由来はアルファベットの「A」。
父が話しかける英語と、大好きなアニメを通して英語を学ぶ。
はじめて話した言葉は、日本語ではなく「More」。母と話すときは日本語。
SALE 9月1日(金) 12:00まで
50%ポイント還元中!
価格
1,080円
[参考価格] 紙書籍1,404円
読める期間
無期限
電子書籍/PCソフトポイント
500pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/24 00:00
紙書籍販売日
2016/10/21
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.95MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家