サイト内検索

  • 完結

峰倉かずや短編集 蜂の巣

作家/出演者
シリーズ
  • 峰倉かずや短編集 蜂の巣
未曾有の大災害により遷都が行われた東京。「臓器荒らし」が横行する中、遺体を火葬場まで迅速に搬送するシステムが保健所の公務なった。担当は保健所葬迎課――通称「葬迎屋」である。 WARDで好評を博した作品がついにコミックス化! Arcanaに掲載された個性豊かな短編も同時収録!
価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/09/29 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
165ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
28.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家