サイト内検索

  • 完結

彩の神 4

16歳の誕生日に、不思議な和装の男・九十九と出会った彩。その男は彩を、悪しきものとされる『禍(まがつ)』を断つ力を持った『障(さえ)』という存在だと説明する。 彩は、野犬が人々に危害を加える事件の調査を始め、その暴走に九十九の子孫である狼の絶滅が関係しているらしいことを知る。 そのことをきっかけとして想いがすれ違い、九十九と険悪な雰囲気になってしまった彩。そして、取違神社に侵入してきた野犬から皆を守るため、九十九の助けなしに障(さえ)へと彩が変化してしまい――…。 上田信舟が描く、オカルティック・ファンタジー、第4巻登場!
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/10/05 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
204ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
121.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   5巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。