サイト内検索

後始末屋と不憫少女 下

「どうか君に僕の『呪い』が気づかれぬよう」祖母の死をきっかけに始まった、天涯孤独の不憫少女・弥々子と後始末屋・楠木の奇妙な同居生活は、色々な事件を挟みつつも、破綻することなく続いておりました。しかし、弥々子はいずれ訪れる別れの時のために、お互い触れずにいた楠木の過去、そして祖母との関係を問いただすことに。そこには、一人の人間に背負うには重すぎる過去と、「呪い」とでも呼ぶべき、数奇な因果があったのでした。
価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/07/02 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
152ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
58.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ