サイト内検索

  • 完結

外つ神 (8)

作家/出演者
シリーズ
外つ神とは──地の‘裂け目’の奥から出てくる妖怪・霊の類を指す。その‘裂け目’を守るのが‘外つ神守’である──。亡き祖母のあとを継ぎ、‘外つ神守’となった高校生・鳴神匡は、鳴神家のサポート役の家に生まれた同級生・野々宮千景、外つ神守の血筋で副担任・狐塚嵩臣らの協力で、自らの使命を自覚。ある日、魔王の娘・凛音が匡の前に現れる。凛音の家を訪れた匡は、彼女が開けた「外つ神界」に繋がる穴を発見。しかもその穴から羅刹が大量に現れ襲いかかり……!?
価格
600円
[参考価格] 紙書籍667円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/13 00:00
紙書籍販売日
2013/04/23
ページ数
164ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
59.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 10巻分 6,000円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 3,000円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 3,000円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル