サイト内検索

幻影博覧会 (3)

松之宮は、ときに警察から持ち込まれた事件を解決する探偵。松之宮の助手・真夜は、とても優秀だがその素顔は謎めいている。松之宮の古くからの友人・楳実は、真夜の話を聞き、彼女は‘稀人’ではないかと興味を抱く。真夜自身も、なぜ未来に起こることがわかってしまうのか、よくわかっていないという。そんな真夜だが、離れて暮らしていた両親がもうすぐ迎えに来るというのだが……。
価格
600円
[参考価格] 紙書籍637円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/12/18 00:00
紙書籍販売日
2009/03/31
ページ数
226ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
68.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。