サイト内検索

  • 完結

異説!? 写楽 〜男色大鏡〜

作家/出演者
シリーズ
  • 異説!? 写楽 〜男色大鏡〜
写楽とは誰か?版元、蔦屋重三郎のもとに二人の少年がいた。戯作者を目指す写次。絵の修行をする楽多。のちに『写楽』として評判となった楽多の画法は、写次が手引きした役者と楽太が淫靡に交わり、役者の本質をとらえるというもの。楽太を想う写次と重三郎を慕う楽太。二人の行為はついに重三郎に知られ……。彗星のように現れ、瞬く間に消えた天才浮世絵師、写楽。現在、その正体は実在を確認された斎藤十郎兵衛説が濃厚となっている。しかし、十郎兵衛が残した画家としての記録は存在していない。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/08/19 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
79ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
25.70MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家