サイト内検索

雑賀六字の城 〜信長を撃った男〜 1

原作は直木賞作家・津本陽氏の名作「雑賀六字の城」。今作は、魔王と称された戦国大名・織田信長の侵攻に対して、徹底抗戦を行った和歌山の雄・雑賀衆の熱き戦いを描いた!!元亀元年――。天下統一を強行する織田信長が浄土真宗総本山・石山本願寺と激突。南無阿弥陀仏の大旗のもとに集結したのは戦国最強の鉄砲集団「紀州雑賀衆」であった。雑賀衆は、戦国時代に新兵器とされた鉄砲を巧みに扱い、仏敵・信長を苦しめる。天正四年、雑賀年寄衆の末男小谷七郎丸は船上で初陣を迎える。血風吹きすさぶ戦地が彼を武者へと変えていく。
読める期間で選ぶ
709円
216円
[参考価格] 紙書籍710円
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/10/27 09:50
紙書籍販売日
2012/12/25
ページ数
265ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
89.80MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ