サイト内検索

  • 完結

午前0時の主役

作家/出演者
シリーズ
  • 午前0時の主役
《涙の値段は》M電機の機密書類をライバルS電機に売りつけていた営業マン阿久津が何者かに脅迫されていた。時を同じくして、ホステスのエマが10日間も休んでいた。脅迫者は阿久津と関係があったエマらしい。裏に何かがあると、『深夜警察』薊警介がのり出した。《午前0時の主役》7編と《空が青い時男は》《ザイールの南》収録。
読める期間で選ぶ
432円
216円
[参考価格] 紙書籍2,484円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/24 00:00
紙書籍販売日
2001/03/31
ページ数
261ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
86.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家