サイト内検索

  • 完結

巷説百物語 (1)

作家/出演者
シリーズ
どうにもならない憂き世のしがらみを、化け物仕立ての狂言で、八方丸く収める―――人気作家・京極夏彦のベストセラー傑作小説を、実力派漫画家・日高建男が完全劇画化し描破した話題作!! 珠玉の四編を一挙収録!

◆『小豆洗い 〜あずきあらい〜』
戯作者志望の青年・山岡百介は、怪談の蒐集を楽しみとし、諸国を巡っていた。ある夜、百介は雨宿りで立ち寄った粗末な小屋で白装束の御行(小股潜りの又市)、垢抜けた女(山猫廻しのおぎん)、年配の商人(事触れの治平)と囲炉裏を囲む。実は彼らは、闇に葬られた事件の解決を請け負う闇の一味。最後にその小屋へやって来た旅僧を加え、ついに彼らの仕掛けが始まるのだが……

◆『野鉄砲 〜のでっぽう〜』
実の兄である八王子千人同心・山岡軍八郎に変死事件についての意見を聞かれた百介は答えに窮してしまう。そこで百介は又市に相談することを思いつき、彼の根城を訪ねてみる。すると、そこには治平も居合わせていた。百介は二人に変死事件の詳細を語り始めるが、死んだ人物の名を聞いた途端、治平が顔色を変える。すると又市は、変死は、化け物の仕業だと言い、一枚の護符を百介に託すのだった……

◆『白蔵主 〜はくぞうす〜』
甲斐の夢山の麓にある杜で、狐狩りの弥作は、狐の面をつけたおぎんと出会う。弥作は、かつてこの辺りの狐を皆殺しにしたこと、和尚に戒められて猟師を辞めたことをおぎんに告白するが、本当の‘忌まわしい過去’については口にしなかった。その後、おぎんから普賢和尚に化けて悪事を働いていた盗賊の頭・伊蔵が捕まったと聞かされた弥作は気を失ってしまう―――そうして夢と現実の狭間で狼狽する弥作の前に、やがて僧形の伊蔵が現れる……

◆『狐者異 〜こわい〜』
大悪人・稲荷坂の祗右衛門が処刑された。彼は過去にニ度も斬首されたが、その度に生き返ったかめ、不死身と噂されていた。百介は好奇心から彼の生首見物に出掛け、そこでおぎんに会う。おぎんは祗右衛門に対して遺恨があると言い、生首を見つめて「まだ生き返るつもりかえ」と呟いた―――数日後、百介のもとに又市がやって来た。又市は百介からおぎんの様子を聞くと、真剣な面持ちで祗右衛門の過去について語り始めるのだった……
読める期間で選ぶ
699円
216円
[参考価格] 紙書籍700円
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/06/18 00:00
紙書籍販売日
2008/03/31
ページ数
355ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
108.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

この作家の他の作品