サイト内検索

  • 完結

巷説百物語 (3)

怨嗟の声が闇に響き渡る刻、あやかしの姿は必ず現世に現れる―――
人気作家・京極夏彦のベストセラー傑作小説を、実力派漫画家・日高建男が完全劇画化し描破した話題作第三段!
妖怪仕立ての珠玉のミステリー、『船幽霊』『塩の長司』を完全収録!! そしてついに巨編『死神』が幕を開ける―――!!

◆『船幽霊』
淡路での仕掛けを終えた百介とおぎんは讃岐へと足を運ぶが、闇夜の山道で野盗に襲われる。その窮地を救ったのは、密命を帯びた浪人・右近――そして彼の口から出たのは、呪われた山の民・川久保の名。実はその川久保と因縁浅からぬおぎんは、彼等の里へ向かう決意をするが、果たして――<

◆『塩の長司』
盗賊の逆恨みによる報復を恐れ、常に頭巾をかぶっている加賀の馬飼長者・長次郎。一方、又市は江戸にて、馴染みの幻術師‘四玉の徳次郎’からある娘の素性を調べて欲しいとの依頼を受け、調べを始める。そして、又市と治平の切れ者二人が、崖下の洞穴にて探し求めるものとは――

◆『死神 或は七人みさき』
江戸へ帰って来た百介と治平。麹町の治平の塒へ向かった二人を、船幽霊騒ぎで置き去りにされた右近が待ち受けていた。いわれのない罪を着せられた右近は、おぎんから治平宅に身を隠し待っているよう指示されたという。
七人みさきに関係すると思われる怪事件を聞き集める百介。一方、右近には、おぎんより北林へ出立するよう文が届き、百介も同行することに…そして、北林藩内の怪事件にけりをつけるべく暗躍する、おぎんと又一。北林藩で起こる怪異の真相とは…?
読める期間で選ぶ
699円
216円
[参考価格] 紙書籍700円
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/06/18 00:00
紙書籍販売日
2009/08/31
ページ数
341ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
97.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

この作家の他の作品