サイト内検索

  • 完結

忠臣蔵 (5)

脱盟や背盟が続く中、自らの士魂だけを信じてきた者たち…元禄十五年九月、遂に彼らは江戸へ終結を始めたが、それは主君・浅野内匠頭切腹から一年と六か月後のことであった。多くの困難と憤怒にまみれながらも計画を練り、挫折という泥沼を耐え続けてきた浪士たちに運命の時は訪れた。堅忍の末に手にした好機は、十二月の茶会であった…時代劇画の真髄【忠臣蔵 赤穂事件】の最終章、「敵は本所に在り」から「君父の讐は倶に天を裁かず」を収録した感涙の第五巻!!
読める期間で選ぶ
432円
216円
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/08/27 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
223ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
75.40MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   5巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。