サイト内検索

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一

作家/出演者
シリーズ
貞元二〇年(西暦八〇四年)。唐の都、長安では、妖異な事件が続いていた。役人・劉雲樵に猫の妖物が憑依し、徳宗皇帝の死を予言。また驪山の綿畑では、皇太子・李踊が病に伏すとの囁き声が。そしてこの二つの「予言」は、やがて現実のものとなった。同年、遣唐使として橘逸勢らとともに入唐した、若き留学僧・空海。道士・丹翁との邂逅を経て長安に入った彼らは劉家の妖物に接触する。空海は、青龍寺の僧・鳳鳴とともに悪い気を落とし、事の次第を聞くことになった……。
価格
648円
[参考価格] 紙書籍720円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/07/04 10:10
紙書籍販売日
2010/02/02
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.31MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。