サイト内検索

穴屋佐平次難題始末

本所緑町の通称〈夜鳴長屋〉。世鳴そば屋よろしく、深夜になると動き出す珍商売を営む人々が住んでいる。そのうちの一軒に奇妙な看板がかかっていた。〈穴屋 どんな穴でも開けます 開けぬのは財布の底の穴だけ〉看板の主・佐平次のもとに、絵師を名乗るひとりの老人が訪れた。ろうそく問屋・大黒屋の囲い者、絶世の美女を描きたいという??その絵師は、なんと葛飾北斎! 依頼者の奇天烈な難題に応える佐平次の活躍を、人情味あふれる筆致で描く好評時代連作。
価格
637円
[参考価格] 紙書籍637円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/14 10:00
紙書籍販売日
2008/02/29
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.68MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ