サイト内検索

  • 完結

中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争

作家/出演者
シリーズ
  • 中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争
内外において、明治以後の日本は「対外侵略を繰り返した」といういわれなき批判を浴び続けてきた。だが歴史の真実は、日本ほど他国から侵略・蹂躙されてきた国はなかったのだ。列強に不平等条約を結ばされ、清やロシアからは恫喝を受け、朝鮮からも親書拒否や公使殺害などの被害を受けてきた。近代の日本の戦争は、すべて自衛戦争であったのだ。また、日本には戦犯は存在せず、中韓の靖国批判に根拠がないことも論証。目からウロコの歴史の真実!
価格
864円
[参考価格] 紙書籍1,080円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/14 09:50
紙書籍販売日
2014/02/18
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.63MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家