サイト内検索

黄文雄の近現代史集中講座 日清・日露・大東亜戦争編

明治維新後、近代化に邁進する日本は、なぜ大国との戦争を経験しなくてはならなかったのか?中国や韓国では日本のすべての対外戦争は「侵略」とされ、「坂の上の雲」でも語られる日清・日露戦争までもが非難の対象となっている。だが、日清戦争は「日本に学べ」ブームを巻き起こして辛亥革命の契機ともなった。また、日露戦争は歴史家トインビーに「白人世界の終焉」と言わしめ、日中・日米戦争はインド独立やタイ独立などの契機となり、ククリット・タイ元首相からも「日本というお母さんは母体を損ねたが、アジアの国はみんな独立できた」と感謝されるなど、歴史的貢献を評価する声も少なくない。日清〜日米戦争まで、日本が通らなくてはならなかった近代戦争の歴史的背景、これらを通して日本が世界史的に成し遂げた意義を検討する近現代史集中講座、第二弾!
価格
1,382円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
13pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/14 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.43MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家