サイト内検索

粗忽長屋の殺人(ひとごろし)

作家/出演者
シリーズ
  • 粗忽長屋の殺人(ひとごろし)
粗忽者で有名な熊五郎の長屋に怒鳴り込んできた、これまた粗忽者の八五郎。「熊、おめえ浅草の浅草寺で死んでるぞ。この粗忽者め、死んだのに気がつかねえで帰ってきやがったな?」――いかにも落語ならではの粗忽噺『粗忽長屋』。しかし。浅草寺で生き倒れていた「熊五郎に瓜二つの死体」の正体はいったい?(表題作) あの噺の裏には、実はこんな真相が? 落語ファンもミステリーファンも楽しめる、新機軸・推理落語!!
価格
1,296円
[参考価格] 紙書籍1,620円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
12pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/06/25 00:00
紙書籍販売日
2015/02/18
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.18MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家