サイト内検索

  • 完結

韓国深発見

作家/出演者
シリーズ
  • 韓国深発見
『韓国野球の源流』(新幹社)、『2002年韓国への旅』(NHK出版)など、韓国を深く知り尽くした著者・大島裕史が書き下ろす渾身の韓国旅行記。数年にわたり、韓国全土を取材した日々をもとに書かれた本作品には、日本人が知らない韓国の姿、歴史がたっぷりと描かれている。歴史好きな方、旅行好きな方、韓国をより深く知りたい方におすすめの一冊。

目次

ストーリー1
仁川 近代化の奔流とともに歩んだ首都の表玄関

ストーリー2
江華島 激動の韓国史を体現する島

ストーリー3
南漢山城・水原 苦難の歴史の中の生命力

ストーリー4
ソウル東部 百済・高句麗の攻防の跡

ストーリー5
扶余 発掘が進む百済最後の都

ストーリー6
益山・群山 仏教文化と白村江の戦い</p>

ストーリー7
全州 食の都でもある朝鮮王朝の故郷

ストーリー8
光州 35年を経ても風化しない歴史の重さ

ストーリー9
釜山1 日本から最も近い外国の都市の愛憎

ストーリー10
釜山2 北朝鮮から最も遠い韓国の都市の激動

ストーリー11
旧伽耶地域 日本と関係が深い幻の王国

ストーリー12
大邱地方 強力な保守地盤を生み出した背景

ストーリー13
蔚山 韓国最大の工業都市と日本

ストーリー14
慶州1 新羅王朝の興亡

ストーリー15
慶州2 国際交流と新羅仏教

ストーリー16
江陵 辺境の地で育まれた風流と先進性
価格
918円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
28.60MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家