サイト内検索

韓国徴兵、オレの912日 兵役体験をコミカルに綴る赤裸々ノンフィクション!

作家/出演者
シリーズ
  • 韓国徴兵、オレの912日 兵役体験をコミカルに綴る赤裸々ノンフィクション!
ほとんどの韓国人男性が経験する兵役の実態とは!?
ユーモアたっぷりの読みやすさに、過激な内容は一気読み間違いなし!
戦慄走る上官のしごき、地獄のガス室訓練、トイレの使い道は多種多様、射殺事件まで……
細かく描き込まれた挿絵30点収録。

※本作品は彩流社発行『韓国陸軍、オレの912日 いま隣にある徴兵制』(2004年6月)の文庫版、講談社発行の『韓国徴兵、オレの912日』(2006年5月)を電子書籍化したものです。

<本文より>
「お前ら、生きて帰れると思うなよ」
オレはごくりとつばを飲み込んだ。
小便がちびりそうなほど縮み上がっているオレたちは、じっと俯いたまま誰もが押し黙っている。
「お前らの命は、今日からオレたちが預かった。ぶっ殺してやるから覚悟しとけよ。オイ」
そう言いながら軍人がゆっくりと近づいてきた。そしてオレの斜め前の学生らしい男の襟をいきなりひっつかんだ。そして襟首に鼻をくっつけて、くんくんと臭いをかいだ。
「……お前ら、社会の臭いがするなあ……あ?」
軍人はゆっくりと言った。学生の青い坊主頭がぶるぶると震えていた。
「ここは、社会の臭いは禁止されているんだ。これからお前らの社会の臭いを消す」

<目次>
●1章「陸軍議政府訓練所」編
1:訓練所入所
2:戦闘訓練開始
3:実弾射撃訓練その1
4:実弾射撃訓練その2
5:地獄の化生訓練
6:恐怖の高所訓練
7:頭でトイレ掃除
8:手榴弾投擲訓練
9:献血は楽しいな
10:あこがれの週刊誌
11:息絶え絶えの各個戦闘訓練
12:涙の終了式
●第2章 「首都防衛司令部」編
13:配属部隊へ列車の旅
14:首都防衛司令部
15:配属されてなお恐怖の行軍訓練
16:PX(売店)の使い方
17:初めての休暇
18:ゲテモノ食いのサバイバル訓練
19:キムサの仕事
20:射殺事件!
21:徐隊〜そして社会へ

●韓国軍事コラム
1:徴兵制度
2:徴兵の等級
価格
537円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/05/11 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
18.40MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家