サイト内検索

吉田松陰と幕末志士たち 明治維新を10倍楽しむ奇人変人ガイド 〜坂本龍馬、高杉晋作、伊藤博文、大隈重信、久坂玄瑞、佐久間象山、黒田清隆など〜

作家/出演者
シリーズ
  • 吉田松陰と幕末志士たち 明治維新を10倍楽しむ奇人変人ガイド 〜坂本龍馬、高杉晋作、伊藤博文、大隈重信、久坂玄瑞、佐久間象山、黒田清隆など〜
<まえがきより>
明治維新は、松陰を筆頭に‘変人たちの半ば自暴自棄な行動’が最終的にブラッシュアップされて成立したものだ、という側面がある。実のところ、当初は日本の近代化もそこそこに「幕府を倒せ」とか「外国人斬るべし」といった目標を掲げる何とも危うげな運動でしかなかったのだ。
その危うげな動きがどのようにして真っ当な社会変革へと収束していったのか。松陰をはじめとする志士たちの実像はどのようなものだったのか。

<目次>
●第一章:驚きの実情〜天下の奇人・吉田松陰と松下村塾
現代なら異常者扱い!? 自称革命家としての松陰
松下村塾は社会不適合者のフリースクールだった!?
薩摩藩が維新を主導できた理由〜薩摩版・松陰――島津斉彬の存在
吉田松陰とは何者なのか!?

●第二章:維新志士の人物伝〜幕末は奇人変人のオンパレード!?
不美人!? 容姿を理由に結婚を断られた〜杉文
戦場で読書に耽った変人〜久坂玄瑞
狂気の言動、日本を救う〜高杉晋作
傍若無人! 曰く「我は国家の財産也」〜佐久間象山
高熱にうなされながらも芸者をはべらせた!? 〜伊藤博文
あの有名宰相は見栄っ張りの死にたがり!? 〜大隈重信
酒の勢いで一般市民を殺害! 酒乱の宰相〜黒田清隆
常軌を逸した社会不適合者〜勝小吉
松陰の妹2人を妻にした!? 〜楫取素彦

●第三章:大河の舞台をおさらい〜まじめに復習する明治維新
幕末の動乱〜日本国、その幼年期の終わり
開国か攘夷か〜現実と誇りのせめぎあい
明治維新〜新たなる日本の夜明け

★impress QuickBooks(http://quickbooks.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです
価格
429円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/05/06 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.73MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家