サイト内検索

  • 完結

笑う秘貝

作家/出演者
シリーズ
  • 笑う秘貝
時は江戸時代。十九歳の侍・若村勝之進は、稽古帰りに寄った不忍池で、‘お紋’という女芸者の美脚に一目惚れする。つい「舐めてみたい……」と呟くと、その言葉を聞いたお紋が、近くの船宿に誘ってきた。「ほら、舐めてもいいわよ」突然の出来事に頭の中が真っ白になった勝之進は、ふくらはぎに顔を寄せ、頬で撫で回す。ほんのりと汗の匂いが鼻腔に入り込み、それが彼を夢幻と色香の世界に引きずり込む。一方お紋は、徐々に脚を開いて自ら奥へと誘い始め……。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/10/30 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.22MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家