サイト内検索

  • 完結

おんな巡悦帖 第三回

舞台は江戸時代。寒村で独り過ごしていた十郎は、ひょんなキッカケで田村藩の姫君・小巻の輿入れについて江戸にやってきた。そして、藩邸の厨で働くことになる。仕事を仕切る頭は、先年亭主を病気で亡くし、赤ん坊を独り育てている二十五歳の雪絵だった。夜、十郎はその雪絵に呼び出され、母乳で張った胸を吸ってほしいと頼まれる。十郎は喜び勇んで吸い出すどころか飲み干してしまい、さらに乳首を舐め回してしまったが、それ以上はやんわりと断られてしまった。その間に無事婚儀が終わったが、十郎は姫君から呼び出しを受ける。小巻は優美な白無垢の花嫁衣装で待ち受けていた。いきなり舌を絡ましてきた小巻に「ね、入れたい。殿より先に、お前の子を孕みたい……」と懇願された十郎は、白無垢の裾をめくり上げ、自分の顔に小巻をまたがらせると、ヌルヌルの膣口を舐め回し……。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/11/20 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.48MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 6巻分 648円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 540円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   6巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。