サイト内検索

偏鯛屋の女

作家/出演者
シリーズ
  • 偏鯛屋の女
吉原の妓楼「偏鯛屋」。30代半ばの小夜はそこで遊女の教育・監督係である遣手を務めている。遣手は遊女あがりが多いため、自分の美貌を維持しようとして厚化粧をする人間が多い。しかし、小夜は化粧っ気がなく、鼻筋の通った顔立ちが気品を感じさせた。彼女に相談してくるのは遊女ばかりではない。男たちがずっと隠してきた性欲を告白し、その解消法を相談しに来るのだ。小夜はそれを聞いてあげてから、遊女に細かく指示を出し、しっかりと相手をさせている。そんな小夜は遊女だった頃、いろんな性癖の男を相手にしてきた。彼らのことをふと思い返す。春画を持ってきて、女の秘部を舐め回したいと懇願する男。小型の張型を自分の尻の穴にいれてほしいという男。尿を飲みたいという男。様々な欲望を目撃してきた小夜は……。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/15 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.73MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家