サイト内検索

道草

作家/出演者
シリーズ
  • 道草
漱石文学には珍しい自伝的色彩の濃い作品。健三、お住夫婦の生活を中心に展開されるエゴイズムの矛盾、そして因習的な「家」の秩序の圧迫のなかで、自我にめざめなければならなかった近代日本の知識人の課題。それらに、みずからの問題として対決した漱石の人間的苦悩は、今日なお新しい課題を提起する。大正4年作。
価格
410円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2016/05/20 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家