サイト内検索

つか版・忠臣蔵

作家/出演者
シリーズ
  • つか版・忠臣蔵
赤穂浪士47人は、君に忠、従容として死についたのであったか? 断じて、否である。彼らが後世、〈忠臣四十七士〉と評価されたのは、宝井其角の尽力あってこそであった。そしてほかでもない、その其角を支えていたのは、近松門左衛門への烈しいライバル意識と、「泣き女」志乃への抑えきれない恋情であった。「口惜しさと愛しさあれば、この世にできぬことなどありませぬ!」――へっぴり腰の浪人どもを、みごと腹かっさばかせた男・其角を通して描く、これぞ「忠臣蔵の真相」!
価格
388円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2016/05/20 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.45MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家