サイト内検索

  • 完結

湯殿山麓呪い村 (上)

作家/出演者
シリーズ
「語らざるべし、聞かざるべし」。出羽三霊山の一つ湯殿山の麓にある大師村弥勒寺には、古くからこの戒律が言い伝えられていた。だが、この謎めいた言葉の裏に、驚くべき事実が潜んでいたのである。それは今から180年前、人殺しの罪で追われていた川普譜人足を、匿まった寺の僧たちが謀殺し、むりやり即身仏(ミイラ)に仕立てあげたというものだ。そのミイラは、未だに弥勒寺の地下の石室(カロート)に埋葬されたまま祀られ、幽海上人と命名されている……。非業の死をとげたミイラの呪いが現代に甦り、恐怖の連続殺人を巻き起こす。角川小説賞受賞の伝奇本格推理。
価格
496円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2016/05/20 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.58MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ