サイト内検索

闘うバイオリニストのための奇想曲 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第5部

中堅チェリストのフィリッポ、チェーザレの二人とクリスマス・リサイタルを行うことになった悠季。今ひとつ自分の演奏に対して自信を持てない悠季に対し、業を煮やした圭が放った言葉と行為とは? 二人の思いがぶつかり合う表題作の他、故郷の新潟に帰省した悠季が、姉から思いがけない言葉を聞かされる「雪の宿だより」、その事件を圭の視点から描いた「ある架空の郷愁について」の全三編を収録。
価格
518円
[参考価格] 紙書籍535円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2016/05/20 10:00
紙書籍販売日
2003/12/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.75MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

1~10巻セット 10巻分 5,526円 今すぐ購入
11~20巻セット 10巻分 5,654円 今すぐ購入
21~30巻セット 10巻分 5,115円 今すぐ購入
31~40巻セット 10巻分 5,202円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル