サイト内検索

  • 完結

恥じらいの蜜月は過ぎて

作家/出演者
シリーズ
  • 恥じらいの蜜月は過ぎて
マークはいつも自信満々で、セクシーで、強引で……、そして優しい。そんな彼を誰よりも愛している。でもベッキーは100%幸せではなかった。それは彼女自身に責任があるのだ。慎重派で生真面目な性格が災いして、彼と同じくらい大胆になってみたくても、つい「私には無理」と身を引いてしまう。マークはたまにほのめかす。グッズを使ったり、タブーとされているようなプレイを。そんなとき、ベッキーの脚の間は切なく疼いて、彼が欲しくてたまらなくなる――だって彼はきっとそういうプレイのすべてを知っているのだ。過去の女たちとの行為で。不毛だとわかっていても、ベッキーはマークが愛した奔放な女たちに嫉妬した。彼に告げよう。心の準備ができたわ、と。バイブでもディルドでもアナルでも、あなたの望むままにしてほしい。あなたの愛で、バラバラにして――。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.10MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家