サイト内検索

  • 完結

恋わずらい

作家/出演者
シリーズ
  • 恋わずらい
両親亡き後、伯母夫婦の豪邸で無給の小間使いのように働き、美しい従姉デラの影のように生きるアビー。そんな彼女の胸に、ただひとつ灯る火があった。それはデラの婚約者バスコ・ダ・カルバリュの存在だ。ある日アビーはデラに頼まれ、バスコに手紙を渡しにいく。都会で贅沢をしたいデラの、農園経営の夢には付き合えないという、バスコへの婚約破棄の最後通告だった。その夜、酔いつぶれたバスコを家に連れて帰ると、淋しさからか、彼はそっとアビーに触れてきて、ふたりは結ばれた。だがそれは、アビーにとって悲しくも辛い恋の始まりだった。■勘違いしてはいけない、バスコが愛しているのはデラなのよ――想いを抑えようとするアビーですが、彼女の気持ちを見抜いていたデラは、意地悪にもそれをバスコに打ち明けていたのでした。ハーレクインの黎明期に多くの名訳を遺した三木たか子による、愛の言霊。
価格
540円
[参考価格] 紙書籍670円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
2014/11/27
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家