サイト内検索

熱すぎた満員電車

作家/出演者
シリーズ
  • 熱すぎた満員電車
エアコンの効いていない真夏の満員電車ほど、気が滅入るものはない。汗で張りつく薄いワンピースや、ピンヒールの靴が不快極まりない。ぽってりと厚めのあそこに食い込む、細いTバックも気に障る……。ふと気づくと、私は外国人のカップルに挟まれる恰好で立っていた。前の女は私と向かい合って立ち、電車が揺れる度、彼女の大きな胸がぐいぐい押しつけられる。なんだか変な気分になってくる。乳首が刺激されて、薄手のブラの中で固くなるのがわかる。と、電車が大きく揺れ、のしかかってきた後ろの男が体勢を戻したとき、私の腰には、まぎれもない固いものが押しつけられていた。はっとして見下ろすと、それは私のスカートの中をくぐってきて、太腿の間からぬらぬら光る先端を覗かせている。前に立つ女がそれをつかみ、私のあそこに押しつけると、前後に動かし始めた――。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/06/12 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.19MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家