サイト内検索

  • 完結

歌麿 五

作家/出演者
シリーズ
河童の写楽は歌のマネージャーをすると言い出し家に住みつくことになった。写楽は被写体として紺という美しい女を連れてきた。歌は心を失った玉を医者に診せるために紺の絵を描き続ける。しかし、紺は写楽がよこした化け狐で、歌と玉の体に乗り移り人間になろうと企んでいた。ついには玉に狐が乗り移ってしまう。しかし、玉は完全には乗り移られず、不安定な状態になる。歌は玉を連れて、長屋の女親方とともに玉の村に向かうのだった。

目次

第四十二図影絵
第四十三図妖婦
第四十四図狐
第四十五図玉狂乱
第四十六図水中花
第四十七図玉瀕死
第四十八図全身エレキテル
第四十九図沼の上
第五十図霧の中
第五十一図二女混合
第五十二図村への道
価格
270円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/11/28 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
208ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
83.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 6巻分 1,620円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 1,350円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル

シリーズ作品   6巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。