サイト内検索

  • 完結

欧羅巴紀遊抜書

作家/出演者
シリーズ
  • 欧羅巴紀遊抜書
公家出身の政治家、西園寺公望は「教養ある市民の育成」や「女子教育の重要性」を訴えるなど当時としてはリベラルな考えの持ち主であったことで知られている。
そんな彼は若き日、大村益次郎の推薦でフランスに留学し、普仏戦争後の混乱したパリで10年近くヨーロッパの思想や知識を学んだ。その間には後の首相クレマンソーや中江兆民ら留学生と親交を深める機会もあり、この人脈は帰国後も活かされている。
「欧羅巴紀遊抜書」はそんな西園寺の国際的な考えがうかがえる一冊。本書は、昭和7(1932)年に出版されたものの電子書籍版。
価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/04 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
58ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.91MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家