サイト内検索

  • 完結

立正安国論 訓訳読本

作家/出演者
シリーズ
  • 立正安国論 訓訳読本
日蓮宗の開祖である鎌倉時代の僧、日蓮。「立正安国論」は、日蓮が法華経の重要性を説いた文書であり、元寇の起こる数年前に時の権力者北条時頼に提出されたことから、信者の中ではその後の国内の動乱を予知した予言の書としてとらえられていた。
本書は、明治27年出版の電子書籍。同年には、内村鑑三が著作「代表的日本人」の中で世界に誇る日本人の一人として日蓮を紹介している。
価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/06 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
64ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
7.68MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

この作家の他の作品