サイト内検索

  • 完結

この子を残して

作家/出演者
シリーズ
  • この子を残して
’幼い子供たちを残して死する
その無念とはいくばくのものか――

時は昭和20年、第二次世界大戦も終戦間際の長崎。作者の永井隆は原爆で妻を失い、自らも被曝による後遺症に侵され、余命3年と診断される。

後遺症の苦しみを忘れるかのように仕事に打ち込み、また被爆者の救護活動に明け暮れる隆。しかし、その身には確実に死の影が忍び寄っていた。

子供たちと触れ合う幸せな時間。しかし、幸せだからこそ突きつけられる死の現実。

「この子を残して、この世をやがて私は去らねばならぬのか!」」

両親を失いながらも、強く生きて行かなくてはならない2人の子供たち。
その将来を憂う父親が子供たちに残した最後のメッセージとは――。’
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/09 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.72MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家