サイト内検索

半七捕物帳 二十七 化け銀杏

作家/出演者
シリーズ
文久元年も押し迫った十一月二十四日、豪商河内屋へ「狩野探幽斎が描いた鬼の図の軸を五百両で売りたい」と本郷森川宿の旗本稲川伯耆の用人が話を持ってきた。河内屋の番頭である忠三郎が稲川の屋敷へ赴くと、半金の二百五十両で探幽の軸を手に入れることができた。だがその帰り道、森川宿で名高い松円寺の化け銀杏の下で何者かに投げ飛ばされ気絶。気が付くと予備の百両ともども軸が消えていた。半七は探索をするが、化け銀杏そして女幽霊まで出るという噂が。すると二十日ほど経ったある日、芝の豪商である三島屋が探幽斎の鬼の軸を手に入れたという情報が入ったのだが‥‥。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/08/22 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.05MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   30巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。