サイト内検索

ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる! 練習はいらない! 読んで実践すれば、突然スコアが縮まる!

作家/出演者
シリーズ
  • ゴルフは「自律神経力」で確実に10打縮まる! 練習はいらない! 読んで実践すれば、突然スコアが縮まる!
シリーズ累計50万部のベストセラーの、
順天堂医学部教授の小林弘幸先生最新刊!
選手会長も勤めたプロゴルファーであり、
大学院の医学修士でもある横田真一選手が共著のゴルフ理論解説!

ゴルフのスコアでお悩みの皆様に
読むだけで、90の人は80に、80の人は70に!!

「交感神経」と「副交感神経」から成る「自律神経」
これは血流を司る重要な神経で、生活する動作の全てに関わってきます
特にアスリートにとっては、筋肉を動かすための血液が大切です

そんなプロも教えを請う「自律神経」の権威、小林先生と、
プロゴルファー横田真一選手が、
「確実に10打縮まる」理論を、わかりやすく解説してくれています
毎日練習するよりも、この本を読む方が必ず効果があります!

「10打縮まるチェックリスト付き!」

【目次】
はじめに 交感神経と副交感神経って?
第1章 準備編1 まずは、腸内環境を整えることが大切
第2章 準備編2 自律神経が安定するラウンド前夜の過ごし方
第3章 準備編3 起床後、効率よくトータルパワーを上げる方法
第4章 準備編4 自律神経が整うスタート前の簡単練習法
第5章 準備編5 ゴルフが雑にならないための道具の選び方
第6章 ラウンド編1 必ずスコアが縮まる意識の持ち方
第7章 ラウンド編2 ミスショットの確率が減るクラブの選び方
第8章 ラウンド編3 次につながる自己採点法
◎1997全日空オープンVTR(9月18〜21日、札幌GC輪厚コース)
第9章 ラウンド編4 ミスショットの原因はスイングのせいではない
第10章 ラウンド編5 「勇気ある撤退」が余裕を生む
第11章 ラウンド編6 90ヤードからの8、9番アイアンの使い道
第12章 ラウンド編7 1日の流れをよくするファーストパットの打ち方
第13章 ラウンド編8 自律神経が整いパットが入る呼吸法
◎キヤノンオープン2010 VTR
第14章 捨てラウンドを作ることでレベルアップ
第15章 自分の欠点を修正するためのスマホ活用法
第16章 スコアが乱れない気持ちの切り替え方
第17章 残り9ホールにつながるインタバルの過ごし方
第18章 必ず10打縮まる「チェックリスト」活用法
あとがき

【著者プロフィール】
小林弘幸 (こばやし・ひろゆき)
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。
自律神経研究の第一人者。豊富な臨床経験とともに多くのトップアスリートや著名人の健康指導に携わる。
TV健康番組でのわかりやすい解説に定評。著書多数。

横田真一(よこた・しんいち)
1972年2月6日生まれ。東京都出身。太平洋クラブ所属。
小学3年のころからゴルフを始め、専修大学ゴルフ部を経て、94年にプロ入り。
97年の全日空オープンで初優勝。プレーの豪快さだけでなく、小技の名手としても知られる。
ゴルフ理論の重要性に目覚め、大学院で小林先生のもと、論文を発表。
価格
1,458円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
14pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/11/19 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.38MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家