サイト内検索

「邪馬台国」は北九州と『日本書紀』に ――なのに、なぜ論争なのか――

作家/出演者
シリーズ
  • 「邪馬台国」は北九州と『日本書紀』に ――なのに、なぜ論争なのか――
「憲法改正・天皇元首化」問題(自民党案)が急浮上。
本書は邪馬台国の首都は北九州という、『日本書紀』の記載を視野に、古代国家の成立は首都の考古学的確認という、新視点で戦前・戦後憲法第一条の、‘国定’日本古代史の真偽を探求。

【著者プロフィール】
草野善彦
1933年12月16日、神戸に生まれる。
1957年武蔵野美術学校(大学)西洋画家卒
《著書》
『天皇制国家唯一史観を疑う』(光陽出版社)
『天皇制批判と日本古代・中世史』(本の泉社)
『放射性炭素年代測定と日本古代史学のコペルニクス的転回』(本の泉社)
『放射性炭素14C測定と日本古代史』(国際教育研究第24号収録、東京学芸大国際教育センター)
『二世紀の卑弥呼「前方後円墳」真の構築者──「日の丸」「君が代」と日本古代史学』(本の泉社)
『天皇制は日本の伝統ではない──墓より都君が代──』(本の泉社)
『消された日本古代史を復原する──マルクス主義の古代国家形成論にたって──』(本の泉社)
『「邪馬台国論」の新視点およびマルクス主義と儒教』(本の泉社)
『墓より都──日本古代史学の深層と「日の丸、君が代」の真実』(本の泉社)
価格
1,188円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
11pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/30 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家