サイト内検索

  • 続刊入荷

江戸前 祝い膳 小料理のどか屋 人情帖14

十四歳の娘の弟子入りを頑なに拒む老絵師の心の扉を開くのは?

旅籠付き小料理のどか屋に兄の形見の絵筆を胸にした娘と父母が宿をとった。
同じ日、上州から船大工を名乗る五人組が投宿して……。

刀を包丁に持ち替え江戸に出て料理人となった時吉とおちよの旅籠付き小料理のどか屋に、十四歳の娘を連れた両親が宿をとった。娘はけなげにも、兄の形見の絵筆を胸に、根岸に住む八十過ぎの老絵師の弟子になりたいと願う。同じ日、上州から来たという五人組の船大工が投宿した。ところがこの五人、なにやら素振りがいぶかしい。二組の‘訳あり’の投宿者に何が起こるのか。

《本書に登場する小料理》
◎彩り焼き(海老・玉子・葱)
◎松茸飯
◎加須天以羅芋
◎鰯の卯の花和え
◎甘薯づくし(蒲鉾芋・五色芋・海苔巻き芋・芋金団)
◎穴子づくし
◎秋刀魚の菊巻き
◎耳うどん鍋
◎海苔飯
価格
756円
[参考価格] 紙書籍700円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/08/01 00:00
紙書籍販売日
2015/06/25
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.24MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

11~15巻セット 5巻分 3,780円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル