サイト内検索

  • 完結

坂本龍馬がSNSをやってたら

作家/出演者
シリーズ
  • 坂本龍馬がSNSをやってたら
【編集部コメント】
坂本龍馬が、桂小五郎が、高杉晋作が、吉田松陰が、SNSと共に幕末を駆け抜ける。
もしSNSが幕末に存在していたら、歴史はどうなっていたのか?
その問いと共に、本書では龍馬の一回目の江戸留学時代を友情、恋、修行、そして運命を描く。
激動の日本で、彼らはいかに考え、いかに生きたのか。

【著者コメント】
21世紀。外国では、SNSをきっかけに社会体制が変わる事件、ようするに革命が起こりました。それも一件、二件ではなく、飛び火するかのように何件も立て続けに起こりました。SNSには個人の力を結集させる力があり、それが媒介となって今までと違う形の変革が起こっています。

日本でも大きな革命が起こった時代がありました。幕末です。
坂本龍馬ら若者が日本をところ狭しと駆け巡り、様々な人と出会い、語らい、影響しあい、国を変えていきました。
もちろん、その時代には現代のようにSNSはありませんでした。だから彼らは、その生涯のほとんどを旅で費やします。

そこで、本書のアイデアが生まれました。

「もし幕末にSNSがあったら、どうだっただろう?」というものです。

本作は、その「if」をもとに描く、若者たちの青春小説です。
そのなかでSNSの利用価値や、現代の便利さ、未来の可能性、そして時代は変わっても変わらない人間の根源にあるナニカを、読者のみなさまに感じ取っていただきたく思っております。


目次

人間は生まれる場所も立場もえらべない。けど、ゆく道だけは選べる。

おれ、武市さんはムッツリ野郎だって知ってるぜ

姉さん美人だけどガッチリしすぎ

男は旅をして磨かれる。おれ江戸に行くぜ!

男なんて、普段はぼんやりしてても、決めるべきときに決めればいいだろう?

たった一回でも運命の出会いがあれば、人生は最高だ!

おれはいつでも本気だぜ。なぜって?人生は一度しかないからだ。

こういうのは優しさとは言わない

人生が変わる瞬間って意外とあっさり来るもんだ

きみは何のために生きているのか?

覚悟をもったものには、鮮やかな道が見える

感動が大事を成させるって誰かが言ってた

やっぱり現場で現物を見ないと現実がわからないよな

弱肉強食。それが隠しようもない世界の真実だった。

誰にだって黄金の青春時代があるもんだ

愛は名詞じゃなくて動詞。行動しなきゃ伝わらない。

完璧に準備しようとするヤツは一生はじめられない。

君の、その仕事は100年後に残るかい?一生をかけるなら、そういう仕事がしたい。

一つ問題があったら解決案を100個考えよう。人に聞いてもいい。

誇り高い日本人の仕事魂は幕末だって、まったく変わらない

本当に社会のことを考えている人は、かならず人に必要とされるときがくる。

狂え!狂わねば大志を成せぬ。

人間は誰だって、ずっと同じ場所にはいられない。さよなら。
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.06MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家