サイト内検索

  • 完結

叱る!上司、先輩として叱る力を身に付ける。「叱り方のルール」と、「教育方法」を3つずつ紹介する。10分で読めるシリーズ

作家/出演者
シリーズ
  • 叱る!上司、先輩として叱る力を身に付ける。「叱り方のルール」と、「教育方法」を3つずつ紹介する。10分で読めるシリーズ
まえがきより

あなたを心から慕ってくれる後輩はいるだろうか。
あなたは部下に、反感を買わせない叱り方をし、効果的な教育を施せているだろうか。
この2つの質問に、胸を張って「イエス」と答えられない人に、本書を読んでみてほしい。

「教育」の中に「叱る」ことが含まれているということは、多くの人がわかっているだろう。
だがその「教育」の要素の中でおそらくもっとも失敗しやすいのが「叱る」ことだ。
だから本書では「叱る」ことと「教育」を別枠でとらえ、それぞれに対し、下記のことを提案する。

叱るときは、後輩・部下が「無知であること」を強く意識すること。
あなたはそれを忘れているから、後輩や部下を「叱る」のではなく「怒る」のだ。

教育を施す際には、「教育の失敗は、教育を施す側にすべての責任がある」という事実を理解すること。
それを理解すれば「結果だけ聞かせろ」なんて言葉を後輩や部下に投げつけなくなるはずだ。

上記したことを主軸に、「後輩・部下の叱り方」と、「後輩・部下の教育方法」を3つずつ紹介する。
あなたが「無知」だった頃、あなたはどんな指導に反感を覚え、どんな助言をすんなり受け入れたのだろう。
それを少しでも思い出しながら、本書のページをめくってほしい。
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.44MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家