サイト内検索

  • 完結

妻が風邪をひいたら夫にやってほしいこと。「ご飯は?」その一言が熟年離婚のきっかけに。女は一生覚えている。10分で読めるシリーズ

作家/出演者
シリーズ
  • 妻が風邪をひいたら夫にやってほしいこと。「ご飯は?」その一言が熟年離婚のきっかけに。女は一生覚えている。10分で読めるシリーズ
10分で読めるミニ書籍です(文章量8,000文字程度=紙の書籍の16ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍紹介

まえがき

妻が風邪をひいて寝込んでいる時に、夫に対する思いは大きく二極に分かれる。
1つは、夫に対する感謝。もう一方は、離婚しよう。
あなたはどちらであろう?
熟年離婚を宣言される夫は、なぜ、妻のために一生懸命に生涯かけて働いていたのに、突然離婚?と思っているかもしれない。

でも、妻は風邪をひいて寝込んでいる時に、心の中で元気になったら荷物まとめて出て行こう。
とか、子供が成長したら離婚しようかと、思っている場合がある。
または、日頃は家事や育児に全く協力しない夫であっても、風邪をひいて寝込んでいる時の言動で、夫にものすごく感謝をする。
「あぁ。この人と結婚して良かったな。この人が年をとっても一緒にいたい。介護もちゃんとしてあげたい。」と心から思う。
では、その大きく分かれる差は何であろう?実は、本当はほんの少しの心遣いである。
ほんのちょっと言葉に気を付けるだけ。ほんの少し妻の事を労わるだけ。
それだけで、離婚をさけることができるかもしれない。離婚せずに、更に自分の老後に妻が最後まで面倒を看てくれるかもしれない。
愛される夫になれるか?
愛想尽かされる夫になるか?
妻が寝込んでいる時に判断されているのである。
でも、どのように労わればいいの?どのような言葉をかければいいの?
具体的に教えてよ!と思われる男性も多いであろう。
そこで、妻が風邪をひいて寝込んでいる時に、夫に望むことをまとめることにした。

目次
1、決して言ってはいけない「ご飯は?」
2、大丈夫?
3、ゆっくり寝て休んでね
4、洗濯物
5、食事
6、時々覗いて様子を見る
7、子供

著者紹介
ひまわり
1976年生まれ。福岡出身。大学にて食物栄養学を専攻。管理栄養士。
1998年国内航空会社にて客室乗務員として約3年間乗務。
3歳からクラシックバレエを習う。バレエ講師。子供向けバレエ舞台を主催。
バレエを通し高齢者施設でボランティア活動をしている。
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 10:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.51MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家