サイト内検索

捨てる!の教科書オフィス編 絶対リバウンドしないデスク周りの片付け術。紙を減らせばデスクは片付く!10分で読めるシリーズ

作家/出演者
シリーズ
  • 捨てる!の教科書オフィス編 絶対リバウンドしないデスク周りの片付け術。紙を減らせばデスクは片付く!10分で読めるシリーズ
10分で読めるミニ書籍です(文章量9,000文字程度=紙の書籍の18ページ程度)


【書籍説明】
あなたのデスクは、整然と片付いているだろうか?
目当ての書類をパッと取り出せるだろうか?
何年も眠ったままの‘開かずの引き出し’はないだろうか?
デスクが片付かないのは、ズバリ「紙」が多いからだ。
ビジネスではさまざまな紙の書類が必要となるが、そのすべてを保存する必要はない。
そもそも、デスクが片付かない人は、本当に必要なもの・大切な書類を適切に保存できてはいないのだ。

本書では、紙の書類を「捨てる」ことに重点を置いて、オフィスの片付け術を紹介する。
紙の書類が減るだけで、デスクの引き出しや棚の中が空き、もっと有効に活用できるようになる。
ビジネス文書は、発生・活用・保管・保存・廃棄というサイクルをたどる。
紙類があふれてデスクが片付かない人は、「保管」「保存」「廃棄」のルールがきちんとできていないということになる。
これらのルールを守り、毎日・毎月・毎年のチェック習慣が身につけば、リバウンドする恐れはない。
本書の後半には、紙が山積みで手のつけようがない現状を打破する手順も紹介するので、ぜひ実行してほしい。

【目次】
紙か電子か――「紙はなくせない」という固定観念を捨てよう
ビジネス文書は、発生・活用・保管・保存・廃棄というサイクルをたどる
「保管」のルール1――何を保管し、何を捨てるか
「保管」のルール2――必ずインデックス情報をつける
「保存」のルール――月1回のチェックで、保管から保存へ移行
「廃棄」のルール――毎日、毎月、毎年のチェック習慣をつける
紙が山積みな現状をどう打開すべきか?

【著者紹介】
椥辻夕子(ナギツジユウコ)
1985年、福井県生まれ。元編集者。主に学習テキストの企画編集・校正校閲、在庫管理などに従事する。
2014年より在宅ライターとして活動中。童話・神話の児童向けリライト、情報サイトの記事作成のほか、
「文章術」「時間管理術」「ダラダラ癖」「新社会人向けビジネスマナー」「うつ体験記」などをテーマとした電子書籍執筆を手がける。
価格
322円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/02/07 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家