サイト内検索

  • 完結

「きみはいい子〜ADHDといわれて〜」

作家/出演者
シリーズ
  • 「きみはいい子〜ADHDといわれて〜」
鈴木直美は落ち着きがない息子、拓哉を働きながら一人で育てていた。小学校に入ると忘れ物が頻発したり、ボヤ騒ぎを起こしたりなどトラブル続きで直美は心を擦り減らしていく……。実話を基に母とADHDを患った息子の八年間の戦いを描いた感動ノンフィクション。
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/03/16 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
100ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
17.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家