サイト内検索

  • 完結

新・おらが村 (2)

あるのは雑貨屋が一軒。食堂も喫茶店も映画館もない。戸数は50戸ほど。ここは秋田県日暮村。冬の厳しさは言うまでもなく、都会の生活とはかけ離れた《おらが村》である。日暮村では、ご多分にもれず深刻な《嫁不足》に悩まされていた。ある日、1人の男が女性を連れて村に帰ってきた。山中の息子・弘志だ。なんと嫁を連れて帰ってきたのだ。しかし何よりも村人がびっくりしたのは、嫁が日本人ではなく、フィリピン人であったということ!? のどかな《おらが村》に激震が走る!! 矢口高雄先生ご自身の経験を元に描かれた自然とそこに住む人々、そして現代の農村が抱える問題をもクローズアップしたヒューマンドラマ《おらが村》新シリーズ、第2巻(全4巻)!
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/03/09 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
260ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
246.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。