サイト内検索

皿の上の明くる日。 後編

「ちょっくら煙草買ってくら」それきりになるのは、分かっていた。――教師である創(はじめ)は、三田村と名乗る男と知り合い、体を重ねていた。しかし、「今度ピクニックへ行こうか」そう約束を残して、三田村は創の前から姿をくらませる。そして2ヵ月後、創がTVで見たのは……。※この作品は、同人誌『皿の上の明くる日のつづきでおしまい。』を収録したものです。
価格
205円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2015/03/30 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
35ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.58MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ