サイト内検索

高嶺のオトコは他人(ヒト)のもの 2

「君には今から、穂高を抱いてもらう」招待された茶会で、悟郎を待っていたのは……。――『茶道界の貴公子』ともてはやされる茶道家の美青年・穂高と知り合った駄菓子屋の悟郎。生きる世界が全然違う、高嶺の花のような存在なのに、少し天然で無邪気に笑う穂高に、悟郎はだんだんと惹かれ始めていた。そんなある日、穂高の義兄が駄菓子屋にやってくる。彼は、悟郎を穂高の茶会に招待すると言ってきて……?
価格
205円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
3台
電子書籍販売日
2015/11/10 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
29ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.29MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   4話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。