サイト内検索

  • 完結
  • 殿堂入り

女帝 由奈 6

お水マンガの金字塔『女帝』シリーズのファイナルを飾る『女帝 由奈』の最新第6巻。 ソウルで名門の女子大に通う社長令嬢だった楡娜――その幸せな人生は、父親が事業に失敗して自殺したのを機に、突然暗転する。実はそれは全て大銀行頭取の鄭<チョン>一家の陰謀によるもので、恋人の俊秀<ジュンス>も鄭家の娘・成熙に奪われた。 楡娜は、日本の夜の世界でのし上がり、「女帝」となって鄭一家に復讐することを誓う。新宿・歌舞伎町の韓国クラブ「カーニバル」に入店し、由奈の名で第一歩を踏み出した。 由奈は、「地上げの帝王」こと大道寺会長の力を得て一流ホステスへの道を歩き始めたが、その矢先、大道寺は由奈に「日韓の懸け橋になれ」と言い遺して亡くなった。 入国管理局の摘発をきっかけに「カーニバル」が閉店し、赤坂の「ステラ」に移った由奈だが、留学生査証<ビザ>の問題がなお胸にのしかかる。そこに現れた大道寺の弁護士・葉山と、日本での後見人である益子の2人が結婚を申し込んできた。 強引な葉山ではなく、益子との入籍を選んだ由奈だが、不気味な電話が頻繁にかかってきて――。
価格
432円
[参考価格] 紙書籍565円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
ご利用できる台数
5台
電子書籍販売日
2014/07/16 09:50
紙書籍販売日
2012/11/08
ページ数
203ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
44.90MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

セット一覧

全巻セット 12巻分 5,184円 今すぐ購入
1~5巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入
6~10巻セット 5巻分 2,160円 今すぐ購入

購入済みの巻が含まれています。

OK キャンセル